リフォームをする前に

目先の金利だけでローンを組むのは危険

住宅ローンを借りるにあたっては なるべく最新の雑誌なり本を2〜3冊は読んで少しでも勉強しておくことをお勧めします ある程度知識がないと 相手に説明されても理解するまで時間がかかってしまい 相談会の時などに肝心なことを聞き忘れてしまったりするからです

住宅ローンは大きくわけると 変動金利と固定金利にわかれますよね 多くの住宅ローン相談会のチラシなどを見ると 金利が何パーセントとか大きくかかれていますが そのほとんどは変動金利ですね

ここ数年長いこと低金利時代が続いているので 変動金利でも良いかと思ってしまいますが 住宅ローンは短くても20年 長いと30年や親子二代にわたってつなぐリレーのようなローンまででていますね

20年や30年のあいだにずっと低金利時代が続くかどうかは分かりません それを考えると多少高く感じられても 長期固定にしておいたほうが安心かもしれませんね

また全部を長期固定にしなくても 一部例えば200万円分だけ変動で借りて あとは全部長期固定にするなどの方法もあります 目先の金利だけでローンを組むのは危険ですね

住宅リフォーム

マンションか一戸建てか?

住宅ローンを組む前に マンションにするのか一戸建てにするのかという選択肢もまず考えますよね 郊外でお探しで小さい子さんがいる場合 一戸建てということも多いですね

 一戸建ては10年 20年たってネンテナンスが必要になった時のために その予算を自分で用意というか積立などをしておかなければなりません

また それでローンを組むかたもいますね 友人がマンションを購入して住んでますが 月々 共益費やら修繕費などいろいろ含めて 2万円以上とられると言って不満をいっておりました

しかもマンション内をお掃除するために何人もの人が雇われているようですが友人曰く あんなに何人も必要なのかと言っております もともとそれほど汚れていない所を掃除するのに いつも人が配置されているそうです

そういったことも自分がそう思ったからといって そのお金を払わなくてもいいわけじゃないのがマンションの辛い点ですね

しかもローンが終わってもそういった出費はずっと続くので年をとったらどうしようとも言っていました いろいろ自分で選択していきたい方は一戸建てのほうが向いているかもしれませんね

運営者情報

住所表示が冗談に見えるバーチャルオフィス

"先の例のように、駅前ビル何階というような立地で、あたかも個人事業主のような人がオフィスを構えていたとしたら、冗談にも見えます。

インターネットユーザなら、住所を検索して調べるだけで、それがバーチャルオフィスであることがわかります。ですので、住所を表記したときに、オフィス用に借りているのがすぐばれます。

利用者にとって、賃貸アパートを借りるように手軽にオフィスを設定できメリットが多いですが、それを見る取引先にもよくもわるくもバーチャルオフィスというのがわかり、新しいのか、簡易オフィスなのかという感覚です。

そうすると、事業規模や事業内容に沿って、立地条件を選定するのがよいでしょう。

都市部の一等地などは、それはそれでよいのですが、バーチャルオフィスとわかったときには、やっぱりそうかと感じることがありそうです。
"

住宅リフォームの際に荷物の置く場所に困ったら、単身引越しパックを使って荷物を運んでおくのが良いと思います。赤帽とか使って自分で運ぶというのもありですけどね。