住宅リフォーム【補助金など】トップ > リフォームの種類

リフォームの種類

住宅リフォームといってもその範囲は非常に広く、種類もさまざまです。では住宅リフォームにはどのような種類が当てはまるのでしょうか。

小さな規模から言えばまず改装が当てはまります。壁の塗装や壁紙、床材の張替えなどです。黒ずんでしまった壁紙や台所をコルク床にすることなどが最近とくに人気となっています。

それから修理。屋根や下水道などを修理することもリフォームといえるでしょう。機器が故障してしまった場合、それを修理するよりも全面的に交換した方が得な場合もあるため、交換もリフォームの一種として挙げられます。

そして改築。ここまでくるとかなり本格的なリフォームとなります。子供が自立して部屋が余るようになった場合、元来二部屋あった部屋を一部屋にしたり、キッチンやリビングルームなど生活に必要な空間を広くするなどの方法が改築の主なケースとして挙げられます。また、最近ではバリアフリー目的に改築を行う家庭も増えているようです。

さらに大きな規模になると増築が挙げられます。住宅の床面積を増やす場合を増築と呼んでいます。二階建てを三階建てにしたり、新たに部屋を建て増しすることで住宅そのものの規模を大きくすることが最大の目的となっています。家族や同居者が増えた場合におもに行われるものです。

これらがおもなリフォームの種類です。このほかでは現代社会ならではのリフォームのパターンもあります。耐震補強工事やオール電化のリフォームなどです。共通しているのはいかに住みやすい環境にすることができるか、ということになるのでしょう。

その他の管理サイト一覧

一人暮らしの引越しならどうする?赤帽だと料金が安くて良い? - 単身引越し.netを見ておいたほうがいいです