住宅リフォーム【補助金など】トップ > オール電化

オール電化

最近注目を集めているリフォームのタイプにオール電化があります。CO2削減など、環境問題が重大なテーマとなっている現代社会。家庭から排出される電力の削減も大きな問題となっています。

家庭で使用されるエネルギーをガスや石油から電気に切り替えることで、エネルギーの消費量が大幅に削減することができるというオール電化住宅に注目が集まっているのです。

そのほか、オール電化にはさまざまなメリットがあります。まず火事の心配が大幅に減ること。火を起こすことがなくなるほか、安全対策も充実しているため、火事のリスクを大幅に減らすことができます。そして基本料金が電気料金で統一されるため、かかった費用の把握が楽になり、節約意識を高めることも可能です。火を使わないということは空気も汚れないため、壁や天井、あるいはキッチン周りが汚れるということもない清潔な環境を維持することもできます。

こういったメリットが注目を集めオール電化住宅を選択する家庭が増えているのです。新築住宅でオール電化を採用しているほか、新たにオール電化にリフォームするケースも多くなっているのです。

オール電化による費用はIHクッキングヒーターで20万〜45万円程度、電気温水器やエコキュートの採用で60万〜100万円程度の費用が必要といわれています。住宅全体をオール電化にすると200万〜300万円程度は最低でも用意する必要があるでしょう。決して安い投資ではありませんから、将来的な省エネ性や安全性、快適性を考えて決断する必要があります。

今後もオール電化へのリフォームは注目を集めていくことが予想されます。エコポイントなど推進の動きも出ています。リフォームを考えている人はオール電化にも注目する必要があるのではないでしょうか。

その他の管理サイト一覧

★今週のおすすめ家具サイト:大阪堀江の家具インテリアショップhttp://www.livinghouse.co.jp/