住宅リフォーム【補助金など】トップ > リフォームの制限

リフォームの制限

既存の住宅を改修するリフォーム。増築で部屋を増やしたり、二階建てを三階建てにするところも増えているようです。しかし、リフォームといってもどんな増改築を行ってもよい、というわけではありません。リフォームには一定の制限が設けられています。

まず高さの制限。原則として高さは10mあるいは12mに制限されています。この高さの制限も細かい設定が定められており、道路の反対側の境界線上から敷地に向かう斜線によって高さを制限したり(道路斜線制限)、隣地の境界線上から敷地に向かう斜線によって制限する(隣地斜線制限)決まりなどがあります。

また、10uを超える範囲で増築を行う際にはあらかじめ自治体に申請を行い、許可を得ておく必要があります。

増築の際には建ぺい率と容積率も重要な指標となります。これは住宅の一階部分の面積の敷地面積に対する割合のことです。容積率とは敷地面積に対する延床面積の割合のことです。もし容積率が200%、敷地が100uの場合、延床面積が200uまでの建物を建築することができます。増築時にはこの割合を超えない範囲で行わないと違反となってしまいます。

住宅に面している道路の幅もリフォームの制限となります。原則として道路幅が4m以上なければリフォームができません。もしこの幅を満たしていない場合は道路の中心線から2m以上離した位置で増築する必要が出てきます。

こうした制限を踏まえたうえでリフォームの計画を立てる必要があります。リフォーム前提で住宅を購入する際にはとくに注意しなければならないでしょう。

その他の管理サイト一覧