住宅リフォーム【補助金など】トップ > トラブル

トラブル

最近急増し、大きな問題となっているのがリフォーム絡みのトラブルです。とくに悪質なリフォーム会社による被害が相次いでおり、話題となるケースも増えています。

原則として契約金額が500万円未満の場合は誰でもリフォームを行うことができます。そのため、いい加減な工事をした上で高額の費用を請求する業者もあります。とくに多いといわれているのが訪問販売。高齢者の一人暮らしなどを対象に強引な勧誘で契約に持ち込むケースが多く、注意が呼びかけられています。

また、リフォームの場合実際の工事の過程を把握することができないという問題もあります。とくに耐震補強などの場合は注意が必要で、手抜き工事によって求める結果が得られない場合があります。詳しい説明を受けたり、第三者にチェックしてもらうなどの対策が必要になります。

悪質なケースではリフォームする必要がないにも関わらず「早いうちに補修をしておかないと家が倒れる」などと脅し文句を並べて契約を迫る業者もあります。たいていが訪問販売のケースですが、この場合では工事もろくにせず代金だけを請求するケースも少なくありません。

せっかくのリフォームがこのようなトラブルによって台無しにされないためにも、信用できる業者に依頼することが大前提となります。もし万が一、リフォームによってトラブルが発生した場合には国民生活センターや消費生活センター、各自治体の相談窓口などに相談するという選択肢もあります。業者との交渉をうまく進めるためにはトラブルの原因や状況をしっかりと把握し、記録にとっておくことも重要になるでしょう。

その他の管理サイト一覧