住宅リフォーム【補助金など】トップ > 高齢化社会の今バリアフリーに

高齢化社会の今バリアフリーに

高齢化社会が進んだことによって注目されるようになったのがバリアフリー改修工事によるリフォームです。

階段やちょっとした段差など、健康に問題を抱えていない人にとっては何てこともないものも、高齢者や障害者には大きな障害になってしまうことがあります。日々の生活の中でストレスや不便を感じさせないようにするためにはバリアフリーに対応した住まい作りが不可欠となります。

バリアフリーのリフォームにはさまざまな種類が考えられます。階段や廊下への手すりの取り付けや段差の解消、屋外へ出るためのスロープの設置などが一般的です。また状況によっては転倒防止のための床材の変更、扉の取替え、階段に設置する車椅子用の昇降機設置、ホームエレベーターの設置なども考えられるでしょう。

こういった新たな装置の設置のほか、家の構造そのものを変更する必要も出てきます。車椅子が自由に動き回れるためのスペースの確保はとくに重要です。浴槽やトイレのスペースの問題もあります。これらの場合、かなり大規模なリフォームが必要になる場合もあります。

これらバリアフリーのリフォームに関しては補助金制度も設けられています。この補助金制度はおもに通常のバリアフリー改修工事と、障害者用の工事とに分けられます。補助金の上限も大きく異なってきていますから事前にしっかりとチェックしておくことが重要になります。

居住している人だれもが快適な生活を送れてこその住宅。その意味でもバリアフリーのリフォームは現代社会において非常に重要な意味を持っているものといえるでしょう。

その他の管理サイト一覧