住宅リフォーム【補助金など】トップ > 耐震対策

耐震対策

耐震対策が大きな問題となっています。耐震強度の偽装問題がクローズアップされたことで住宅の耐震性に対する関心も高まってきました。万一地震が発生した際、家屋は家族を守ってくれるのか、家屋を失わないで済むのかどうか。不安に思っている人も多いようです。

そんな耐震性の不安を解消するのが耐震対策のリフォームです。この耐震対策のリフォームにはさまざまな種類があります。

まず基礎の補強。とくに古い住宅の場合、基礎をコンクリートで一体化したり、専用の注入剤などによって補修する必要が出てくる場合があります。

それから部材の交換。長い年月が経過した住宅の場合、腐朽やシロアリの侵食などによって部材が弱っている場合があります。その部分を交換し、強化することで住宅の強度を高めるだけでなく寿命を延ばすこともできます。

柱の補強も耐震リフォームの重要なポイントです。とくにアンカーボルトが使用されていない住宅の場合は改めてアンカーボルトで強化することが必要になってきます。そのほか接合部に金物を取り付けて補強する方法もあります。

ほかにも壁にブレース(筋かい)をかけたり、構造用合板を取り付けて強化する、屋根材を軽いものにし、負担を減らすなどの対策も採られます。

耐震リフォームの場合、大規模な補修工事が必要な場合が多くなりますが、場合によっては外側から鉄筋のブレーズなどを取り付けて壁を補修することで生活しながら補強することができる方法もあります。

一昔前に比べて耐震対策への関心が高まっている現在、耐震リフォームは万一の備えとして重要な役割を果たしてくれることでしょう。

その他の管理サイト一覧