住宅リフォーム【補助金など】トップ > 中古物件とリフォーム

中古物件とリフォーム

住宅を購入する場合、新築物件を購入するか、中古物件を購入するかの選択があります。その際、リフォームを念頭に入れておくとより理想的な物件を見つけることができるでしょう。

中古物件を購入した場合、当然新築よりも費用を安く済ませることができます。その浮いたお金をリフォームに回すことでより理想的な居住環境を手に入れることもできるわけです。

新築物件といってもすべてが理想どおりに揃っているというわけではありません。耐震対策や省エネ対策、あるいはキッチンのレイアウト、部屋の数など。家族の数だけ求めるものがあります。ですから、中古物件を購入し、好みに合わせてリフォームした方がよい場合もあるのです。

そのためには中古物件の慎重な見極めが必要になります。いくらリフォームで改修が可能とはいえ、もとの素材にガタがきているようでは十分な形で行うことができないからです。

まず家屋の状態。リフォーム以前に修理が必要になってしまうようでは費用のメリットはまったくなくなってしまいます。天井や壁の状態、雨漏り、配管の状態などをよくチェックしておくことが重要です。また、増改築が可能かどうかのチェックもぜひとも行っておきたいところです。耐震対策のリフォームを考えていない場合には強度のチェックも欠かせません。

また新築時の工法によってはリフォームが思うようにできない場合もあります。壁を動かすことができなかったり、特殊や工法なため同じメーカーでしか工事ができないなど。後になってリフォームできないことが判明するようなことがないよう、この点に関しても事前の把握が不可欠となります。

このように、リフォーム前提の中古物件の購入にはメリットと注意点がそれぞれあります。資金の問題も含め、業者とよく相談し、あらかじめ具体的な計画を立てておくことが重要になってくるでしょう。

昨今は賃貸物件でもリフォームできることもあります。たまたまリフォーム前の物件があった場合、希望な内装を話すとそのまま話が通ってしまうこともあるようです。不動産屋さんもお客さんが入りたい部屋に作り替えた方が需要があると判断したんでしょうね。賃貸で物件を借りる時には鈴鹿の賃貸物件一覧などで地域の物件を調べてから不動産屋さんに確認してみると良いでしょう。

その他の管理サイト一覧